不平等、活用、危機

ゲスト著者: Michael Kumhof、国際通貨基金、Romain Ranciere、パリ経済学校および国際通貨基金。 利用可能な連絡先情報 詳細を見る.

著者のメモ:この論文で表明されている見解は著者の見解であり、必ずしもIMFまたはIMFの方針を表すものではありません。 有益なコメントを寄せてくれたGeorgeAkerlof、Kemal Dervis、Douglas Laxton、Thomas Piketty、MATLABコードの支援をしてくれたTroyDavigに感謝します。 JEL分類番号:E21、E25、E44、G01、J31

抽象

この論文は、所得分配の変化の結果として、どのように高いレバレッジと危機が発生する可能性があるかを研究しています。 経験的に、1920〜 1929年と1983〜2007年の両方の期間は、金持ちの所得シェアの大幅な増加、残りのレバレッジの大幅な増加、そして最終的な財政的および実際の危機を示しました。 この論文は、これらの特徴が所得に対する交渉力の変化の結果として内生的に生じる理論モデルを提示しています。 金融危機は、それが非常に大きく、実際の収縮を伴わない場合、レバレッジを低下させる可能性があります。 しかし、低所得層の交渉力の回復はより効果的です。

序言

米国は過去1929世紀に、2007年に始まった大恐慌と5年に始まった大不況という、95つの大きな経済危機を経験しました。 -低中所得世帯の所得比率。 これらの債務対所得の比率が持続不可能であると認識され始めたとき、それは危機の引き金になりました。 この論文では、最初にこれらの事実を文書化し、次に所得の不平等によって引き起こされる危機が内生的に発生する可能性がある動的確率的一般均衡モデルを提示します。 危機は、数十年後の、人口のXNUMX%を占め、交渉力が高まる投資家と、人口のXNUMX%。

動作中のメカニズムを明確に理解できるように、モデルは可能な限り単純に保たれています。 重要なメカニズムは、投資家が増加した収入の一部を使用して、労働者へのローンに裏打ちされた追加の金融資産を購入することです。 そうすることで、労働者は収入を失った後の消費の減少を制限することができますが、労働者の債務対収入の比率が大きく持続的に上昇すると、金融の脆弱性が生じ、最終的には金融危機につながる可能性があります。 危機以前は、上部の貯蓄の増加と下部の借入の増加により、消費の不平等は所得の不平等よりも大幅に小さくなりました。 両方のグループの貯蓄と借入のパターンは、金融サービスと仲介の必要性を高めています。 結果として、GDPに対する銀行の負債の比率で測定される金融セクターの規模は拡大します。

この危機は、2007年の米国の金融危機のように、大規模な家計債務不履行と急激な生産の縮小を特徴としています。 危機はコストがかかるため、過剰な家計債務を防ぎ、危機リスクを事前に減らす再分配政策は、救済や債務再編などの事後政策よりもマクロ経済の安定化の観点から望ましい場合があります。 私たちの知る限り、私たちのフレームワークは、経験的に観察された高所得世帯と貧困世帯から中所得世帯の間の所得格差の拡大、後者のグループの家計債務対所得比率の増加を結び付ける内部的に一貫したメカニズムを提供する最初のものです。金融危機のリスク。

この論文は、主に別々に進化してきた2003つの文献、つまり所得と富の分配に関する文献と、金融の脆弱性とマクロ経済のボラティリティに関する文献を統合しています。 最初の文献は主に、所得と富の分配における長期的な変化を正確に説明することに焦点を当てています(Piketty and Saez(1)、Piketty 2010(XNUMX))。 その主な調査結果のXNUMXつは、所得分布の最も重要な変化が上位所得シェアの進化に関係しているということです。 この機能は、私たちのモデルに組み込まれています。このモデルでは、所得分布の最上層と残りの部分を表すXNUMXつのグループを検討することにより、所得の不均一性が導入されています。

労働経済学の関連文献は、過去XNUMX年間の米国の所得分布の変化を形作る基本的な要因を明らかにしようとしています。

Lemieux、MacLeod and Parent(2009)は、パフォーマンスペイ(ボーナスなど)のシェアの増加が、20年代後半から1970年代初頭にかけての男性賃金の分散の1990%の増加、およびほとんどすべての増加を説明できることを発見しました。所得分配の最上部での賃金の不平等。 Lemieux(2006)は、高等教育への復帰の劇的な増加が所得の不平等の増加に重要な役割を果たしていることを示しており、賃金上昇が分布の上部に不均衡に集中している理由を説明できます。 Card、Lemieux and Riddell(2004)は、労働組合の変化が、米国における男性の収入の分散の成長の約14%を説明できることを発見しました。

最後に、Borjas and Ramey(1995)とRoberts(2010)は、所得格差の拡大における外国の競争とオフショアリングの仕事の役割を指摘しています。

私たちの論文は、所得の不平等の拡大がマクロ経済に与える影響にのみ焦点を当てています。

したがって、その増加のミクロ経済学的理由に立つのではなく、2003つの所得グループの相対的な交渉力へのショックとして、より根本的なショックを表しています。 同様の誘導型モデリングデバイスがBlanchardand Giavazzi(XNUMX)によって採用されており、労働市場の規制緩和は労働者の交渉力の低下として形式化されています。

金融の脆弱性に関する文献は、これまでのところ、危機リスクの創出における所得の不均一性の役割を無視してきました。 正規のDiamondand Dybvig(1983)危機モデルでは、重要な不均一性は、患者と入院患者の間の不均一性です。 せっかちな消費者と忍耐強い消費者の違いは、家計の債務と住宅サイクルに適用される金融加速器モデルでも顕著に見られます(Iacoviello(2005))。 この論文では、金融の脆弱性を高める家計の債務対所得比率の増加は、セクション2008で説明したように、所得グループ間で非常に不均一であるため、所得の不均一性は、で調査する必要がある重要な追加機能であると主張します。家計債務と金融危機のモデル。

そこでは正式にモデル化されていませんが、所得の不平等、家計の債務、危機の間の関連性は、最近、ポール・クルーグマンの論説や、ラジャン(2010)とライヒ(2010)のXNUMX冊の本で議論されています。 両方の著者は、借り入れの増加は、貧困層と中産階級が実際の収入が停滞しているときに消費のレベルを維持または増加させる方法であったことを示唆しています。 しかし、これらの著者は、その議論について正式に一貫した主張をしていません。 私たちのモデルはそうすることを可能にします。

もちろん、2007年の危機の原因については他にも説明があり、多くの人が過度の金融自由化と資産価格バブルの役割を強調しています。1

***************************
1Keys、Mukherjee、Seru and Vig(2010)は、証券化の増加がシステミックリスクに及ぼす悪影響について論じています。 テイラー(2009)は、異常に容易な金融政策と過度の金融自由化との相互作用が危機を引き起こしたと主張している。 Obstfeld and Rogoff(2009)は、これらの要因と世界的な経常収支の不均衡との相互作用が、世界的な危機を引き起こすのに役立つ「有毒な混合」を生み出すのに役立ったと主張しています。
***************************

通常、これらの要因は、債務対所得の比率が以前よりも急激に増加した危機前の最後の数年間に重要であることがわかっています。 しかし、Rajan(2010)で行われたように、これの多くは、所得の不平等によって引き起こされた根本的で長期的なダイナミクスの単なる現れであったと主張することもできます。 ラジャンの主張は、所得の不平等の拡大は、その不平等を逆転させるのではなく、所得の停滞にもかかわらず需要と雇用創出を堅調に保つための容易な信用を奨励するという政治的圧力を生み出したというものです。

また、最も裕福な家計の富の増加が投資資産の需要を増加させる役割を果たしていることも示唆されています。 私たちのモデルでは、金融セクターは、人口のますます豊かになる上位の割合と人口のますます多くの負債のある下位の割合の間で資金を仲介します。 GDPに対する総資産または総負債で測定される金融セクターの規模は、2008つのグループ間の資金の流れが増加します。 この事実は、Philippon(5)による最近の調査結果と一致しています。 銀行預金、つまり家計債務に裏打ちされた資産の上位2000%の需要の大きさは、キャロルをはじめとする多くの著者が強調した「資本主義精神」の動機を反映して、富を彼らの好みに直接導入することによって定量化されます。 (XNUMX)。

最近の文献は、所得の不平等の拡大を家計債務の増加に関連付けようと試みました(Krueger and Perri(2006)、Iacoviello(2008))。 私たちのアプローチと、これらの著者が従うアプローチとの間には重要な違いがあります。 彼らのアプローチでは、すべての家計にわたる特異な所得ショックの分散の増加は、信用市場における保険のより高い需要を生み出し、それによって家計の債務を増加させます。 したがって、彼らのアプローチは、各世帯グループ内で平等に経験される所得の不平等の拡大を強調し、一方、私たちの論文は、XNUMXつの世帯グループ間の所得の不平等の拡大に焦点を当てています。 不平等の形成におけるグループ内およびグループ間の要因の相対的な役割に関して、活発な学術的議論があります。 しかし、私たちの論文は、データに明確に文書化できる特定のタイプのグループ間の不平等、つまり高所得世帯と他のすべての人との間の不平等にのみ焦点を当てています。

残りの論文は次のように構成されています。 セクション2は、いくつかの重要な様式化された事実を示しています。 セクション3はモデルを示します。 セクション4は、所得の不平等の拡大の影響を研究し、政策への影響を議論するためのモデルシミュレーションを提示します。 セクション5は結論です。

2.定型化された事実

このセクションでは、所得、富、消費の分布の進化、全体的およびさまざまなグループの家計債務対所得比率の変化、金融セクターの規模、および家計債務のデフォルトリスクに関するいくつかの重要な定型化された事実を文書化します。 2007年の金融危機。次のセクションで提示されるモデルは、これらの事実を広く再現するように調整されます。

所得の不平等と家計債務:1929年対2007年

図1は、米国の1929つの主要な危機(2007年と5年)に先立つ24年間の所得格差と家計負債比率の変化をプロットしたものです。どちらの期間でも、所得格差は同様の規模で急激に増加しました。所得分布の上位1920%が指揮するのは、34年の1928%から22年の1983%に、34年の2007%からXNUMX年のXNUMX%に増加しました。

同じ1920つの期間中に、GNPまたはGDPに対する家計債務の比率は劇的に増加しました。 1932年から1983年の間に、また2007年から1932年の間に、XNUMX年よりもはるかに高いレベルに達したとき、ほぼXNUMX倍になりました。 -一方、所得比率は、危機前の両方の時代で非常に類似したパターンを示しています。

所得の不平等と消費の不平等

所得の不平等の拡大の結果をモデル化するためには、所得の不平等、消費の不平等、富の不平等のそれぞれのダイナミクスを明確に文書化することが重要です。 そのために、Heathcote、Perri、Violante(2010)によって編集された最近の包括的なデータセットを使用します。2

************************

2米国の所得格差の拡大は、少なくともGottshalk and Moffit(1994)以来文書化されています。

***********************

図2の上部パネルは、賃金収入の分布の1967つの十分位数(下位2005パーセンタイル、中央値を囲むパーセンタイル、および上位10パーセンタイル)について、10年からXNUMX年までの男性のXNUMX時間あたりの実質賃金の累積パーセンテージ変化をプロットしています。

図2の下部パネルは、同じ10つの十分位数の実際の男性の年間収益の累積変化率をプロットしています。 両方のグラフは、ここ数十年にわたる賃金の不平等の大幅な拡大を示しています。 上位70パーセンタイルの実際の時給は、累積5%急増しました。 中央値付近の実際の時給は10%減少しました。 一方、下位25%の賃金は、約XNUMX%と大幅に低下しました。 年間収益が下位パーセンタイルでの時間と失業の役割を反映していると見なされる場合、収益の不平等の拡大はさらに顕著になります。 私たちの理論的枠組みの文脈では、収益の相対的分布のこの変化をモデル経済への主要なショックと見なします。

図3は、1980年から2006年までの可処分所得と非耐久消費の不平等の進展を示しています。グラフは、可処分所得の比率と、可処分所得の上位10パーセントと下位XNUMXパーセントの間の非耐久消費レベルの比率をプロットしています。分布。

Slescnik(2001)とKrueger and Perri(2006)によってすでに強調されている重要な発見は、所得の不平等の拡大が消費の不平等の拡大よりもはるかに顕著であるということです。

所得流動性

所得の不平等と消費の不平等の違いをよりよく理解するには、世代内の所得流動性の重要性を評価することが重要です。 理論的には、所得格差の拡大が所得流動性の増大を伴う場合、エージェントは生涯を通じて所得のはしごを上下に移動するため、生涯所得の分散は年間所得の分散よりもはるかに小さい可能性があります。 これは、消費の不平等が所得の不平等よりも低い理由の潜在的な説明です。

しかし、データは、どちらかといえば、過去40年間、米国の所得流動性、特にトップ所得グループとこの論文で関心のある残りのグループとの間の流動性が低下していることを示しています。

Kopczuk、Saez、Songによる最近の研究(2010)3は、サンプルを男性に限定したミクロレベルの社会保障データを使用して、短期所得流動性(1950年の期間での流動性)と長期所得流動性(生涯流動性)の測定値が安定しているか、それ以降わずかに悪化していることを示していますXNUMX年代。 結果として、時間の経過に伴う年収の不平等の進展は、長期的な所得の不平等の進展に非常に近いものになります。

***********************

3 Bradbury and Katz(2002)も参照してください。

***********************

彼らはまた、トップ所得の急増は、トップ所得グループと他のグループとの間の移動性の増加によるものではないことを発見しました。 社会保障データ(1)でトップシェアがコード化され始めて以来、1,3、5、または1978年後に収益のトップXNUMX%にとどまる確率は、全体的な傾向を示していません。

さらに、Kopczuk、Saez and Song(2010)は、年間収益の分散の増加は、一時的な収益の分散のわずかな増加のみで、恒久的な収益の分散の増加によるものであることを示しています。 それらのデータを使用する図4は、1970年以降、年間対数収益の分散、XNUMX年間の対数収益の分散(永続的な分散)、およびXNUMX年間の対数収益の偏差の分散(永続的な分散)をプロットすることによって、この結果を示しています。一時的な分散)。

これらの調査結果は、基本的に固定されたメンバーシップを持つXNUMXつの収入グループの仮定である、モデリングの選択を簡素化する主要なもののXNUMXつをサポートします。

富の不平等と家計の債務対所得比率

家計の資産と負債の評価に変化がない場合、所得の不平等に比べて消費の不平等の増加が小さいということは、所得と富の分配の最下位の世帯が最上位の世帯よりも負債が多いことを意味しているに違いありません。 図5は、5年から95年までの、世帯の上位1983%と下位2007%の債務対所得比率の推移を示しています。今回は、所得ではなく富でランク付けされています。1983年には、上位の富のグループは、一番下のグループで、約15パーセントポイントのギャップがあります。 2007年には、相対的な債務状況が劇的に逆転しました。最下位グループの債務対収益比率は約140%で、現在は上位グループの債務対収益比率のXNUMX倍になっています。

したがって、1983年から2007年の間に、最下位グループの債務対所得比率は70倍以上になり、上位グループの比率は約XNUMX%の変動を続けています。 結果として、総計レベルでの債務対所得比率の増加のほとんどすべては、富の分配の最下位グループによるものです。 繰り返しになりますが、これは、家計の債務と経済的脆弱性のモデルに所得の不均一性を導入するための非常に強い動機を提供します。

米国の金融セクターの規模

私たちの理論的枠組みでは、分布の下位95%の債務の増​​加により、金融仲介の必要性が高まっています。 図6は、1980年から2007年までの米国の金融セクターの規模の90つの指標をプロットしています。左側のパネルは、預金銀行やその他の金融機関による民間信用の標準的な指標をGDPにプロットしています。 1981年の210%から2007年には2010%に増加し、期間中にXNUMX倍以上になりました。右のパネルは、Philippon(XNUMX)によって構築されたGDPにおける金融セクターのシェアをプロットしています。

この指標によると、金融セクターの規模は1981年から2007年の間にほぼ8倍になり、最近では米国のGDPのXNUMX%を占めています。 大恐慌の前にも同様のパターンが観察されました。

債務対所得比率、リスクおよび金融危機

図7の上部パネルに示されているように、危機前の期間における下位95%グループの債務対収益比率の増加のほとんどは、住宅ローン債務に関連していました。 住宅ローン市場では、下のパネルの図7に示されているように、サブプライムローンのシェアが増加していることは、債務の増加に伴うリスクの増大を示しています。

図8は、大恐慌以来前例のない規模の2007年以降の住宅ローン債務不履行リスクの増加の証拠を示しています。

債務対所得の比率とともに増加するデフォルト確率、および最近観察された規模のデフォルト率は、モデルとそのキャリブレーションの重要な要素です。

3.モデル

モデル経済は、投資家と労働者と呼ばれるXNUMXつの世帯グループと、投資家と労働者から提供されたインプットを組み合わせた生産技術で構成されています。

編集者注:数学記号のフォーマットの問題のため、読者はモデルの議論のために著者のPDFフォーマットされた論文を参照されます。 詳細を見る。 この記事はその原稿の更新ですが、セクション3は同じように見えます。

さらなる編集者注:モデルセクションでの重要な議論は、図9に示すように、漸近関数を持っているように見えるレバレッジの関数としての危機の確率に関連しています。

4.シミュレートされたシナリオ

図10〜15は、ベースラインシミュレーションと、モデルのキャリブレーションに対する主な結論の感度を調査するいくつかの代替案を示しています。 いずれの場合も、完全な洞察シミュレーションは黒い実線で示され、単調マップシミュレーションは赤い破線で示されます。 横軸は時間を表し、1年目に衝撃が発生し、最終期間は50年になります。シミュレーションは、完全な洞察と不確実性の両方の下で、決定論的定常状態の定常状態ベクトルで開始されます(これについては以下で詳しく説明します)。 )。 縦軸は、実際の株式とフロー変数の初期の決定論的定常状態からの偏差パーセント、収益率のパーセントポイント偏差、レバレッジのパーセンテージポイント、危機確率、支払利息と収入の比率、および投資家の収入と消費のシェアを示しています。 、および投資家と労働者の相対的な一人当たりの収入と消費レベルの単純な比率。

A.ベースラインシナリオ

図10は、最初の7.5年間で労働者の交渉力が累積10%低下した、ベースラインシナリオを示しています。9、続いて、オートグレッシブパラメータρ= 1によって決定されるη= 0.96への非常に遅い反転が続きます。 危機イベントは30年目に発生し、ローンと資本の10%の崩壊を特徴としています。γk = 0.9。

***********************

9これは、毎年XNUMX標準偏差の半分のショックに相当します。

***********************

次のサブセクションで説明するいくつかの重要な詳細を除けば、単調マップと完全な洞察シミュレーションの結果は非常に似ています。 最初の6年間の実質賃金は、2%近く減少しますが、資本へのリターンは30%ポイント以上増加します。 しかし、労働者の消費は賃金収入の減少の約64分の140しか減少しません。これは、労働者が交渉力の増加に続いて投資する余剰資金を持っている投資家から不足分を借りているためです。 危機発生前の30年間で、労働者のレバレッジまたは債務対所得比率を3%から約2%に引き上げるために、融資はXNUMX倍以上になり、XNUMX年目の危機確率はXNUMX%を超えました。 この初期期間のほとんどのローン金利は、貸し手が現在より高い設備投資へのリターンで貸し出しへのリターンを調停するため、初期値よりも最大XNUMXパーセントポイント高くなっています。

経済の収入に占める投資家の割合は、当初30%未満から35%超に増加します。 余分な収入を処分する方法は20つあり、効用へのわずかな貢献を均等にする方法で15つすべてを利用します。 第一に、危機が発生する前に、彼らの消費は最終的に4%以上増加します。 第二に、設備投資は100%以上増加し、物的資本ストックも増加します。 資本の増加は、経済の生産高を最終的に2%近くまで引き上げます。 そして第5に、ローンは71%以上増加します。つまり、投資家の消費シェアは、収入シェアがXNUMXパーセントポイントであるのに対し、約XNUMXパーセントポイントしか増加しません。 これらの最後のXNUMXつのポイントは密接に関連しています。なぜなら、経済の最終需要のXNUMX%が労働者の消費によるものであり、投資家に発生する追加収入のかなりの部分がローンによって労働者にリサイクルされない限り、この生産物を販売することはできないからです。

労働者の交渉力、したがってローンの返済と返済の能力が非常にゆっくりと回復するだけであるため、ローンの増加は非常に持続的です。

その後、投資家の2パーセントポイントを超える収益率の最初の上昇は、30つの要因によって抑制されます。 第一に、投資の大幅な増加は資本の限界生産力を減少させ、第二に、労働者の交渉力の漸進的な復帰は彼らの賃金を増加させ、したがって資本に残されたものを減少させます。 30年目までに、収益性は実際には当初のレベルを下回っています。 その時点で、資本へのリターンを再び上げるにはXNUMXつの方法があります。 XNUMXつは、投資家の交渉力を高めるもうXNUMXつのラウンドです。 そしてもうXNUMXつは、既存の資本を大量に破壊する大きな危機です。 後者はXNUMX年目に発生すると想定していますが、投資家の休息は、労働者の交渉力が継続的に回復している場合の一時的なものにすぎません。 これが変わらない限り、収益率が当初の定常状態を下回ったままであるという意味で、必然的な結果は長期にわたる低収益性になります。

危機は、労働者のバランスシートに蓄積された圧力の高まりの解放であると解釈し、債務返済の利子部分は、危機時の所得の当初の約3%から6%に増加し、早期の見通し交渉力の回復が遅いことを考えると、レバレッジの低下は非常に低い。 しかし、危機は労働者の状況をほとんど改善しません。 債務不履行によりローンが10%減少する一方で、実体経済の崩壊により賃金も大幅に低下し、さらに残りの債務の実質金利が急上昇して、債務返済費用が所得の9%に上昇します。 その結果、レバレッジ比率はほとんど変動せず、現在のキャリブレーションでは、実際にはさらに後で増加するため、50年目までに危機前のレベルを上回り、その後は非常にゆっくりと減少します。

ただし、この最後の結果は、実体経済の崩壊に対するローンのデフォルトの相対的なサイズに大きく依存することは明らかです。 以下で見るように、危機が主にローンに影響を与えるとき、それは労働者により大きな救済をもたらします。

B.不確実性

交渉力の将来のレベルに関する不確実性を考慮に入れた単調マップ法に基づくシミュレーションは、完全な洞察の場合とは多くの興味深い違いを示しています。

90つは、投資家が最初に一時的ではあるが急激に消費を減らして設備投資を増やすことを可能にし、それによって資本ストックのより速い増加をサポートすることです。 ローンも最初はより速い速度で増加します。 その理由は、決定論的定常状態の状態ベクトルで両方のシミュレーションを初期化したためです。 しかし、不確実性の下では、投資家は、ηに対するマイナスのショックが実現されていない場合でも、より高い資本とローンの在庫を好むでしょう。 これは、不安定な交渉力が所得に影響を与えることにより、消費リスクを高め、したがって期待効用を低下させるためです。 投資家は、消費から資本とローンの保有に切り替えることで、そのリスクへのエクスポージャーを減らすことができます。これらは、効用も提供しますが、交渉力の変化によって等しく影響を受けることはありません。 したがって、ベースラインシミュレーションでは、労働者のレバレッジの長期値は64%ではなく約XNUMX%であり、危機前の期間に観察されたレバレッジの増加の約XNUMX分のXNUMXは、このより高い長期値への収束によるものです。 、他のXNUMX分のXNUMXは、ηへの実現されたショックによって説明されます。 不確実性と実現ηの資本ストックへの相対的な影響は類似しています。

言い換えると、不確実性の下でのシミュレーションが決定論的定常状態ではなく確率論的定常状態で初期化された場合、最初の30年間に実現された交渉力ショックがレバレッジと資本ストックに与える影響は比較的小さくなりますが、絶対的には非常に大きくなります。条項。

不確実性と完全な先見性のシミュレーションのもう50つの興味深い違いは、資本、特にローンの長期的な振る舞いに関するものであり、不確実性の下ではXNUMX年の期間で著しく低くなります。 その理由は、その時までに到達した非常に高いレベルの債務と資本では、危機確率関数の凸性がますます重要になると想定しているためです。 これは、将来の交渉力が不確実な場合、危機の予想確率が大幅に高くなることを意味します。したがって、投資家が高額のローンや資本を通じてこのような危機にさらされる意欲は大幅に低くなります。

もちろん、非常に長い目で見れば、この状況は再び逆転します。完全な先見性のある経済は64%のレバレッジに戻り、不確実な状況下の経済は約90%のレバレッジで落ち着きます。

C.高レバレッジ–悪化要因

ベースラインシナリオでは、レバレッジは危機の時点で約135%に増加し(不確実性の下では125%)、その後数十年間はその値の近くにとどまり、危機の確率は数十年の間3.5%の近くでホバリングします(不確実性の下で2%)。 ただし、この結果は、モデルのキャリブレーションとショックの仕様の多くの側面に依存し、これらを変更すると、レバレッジの結果が悪化または改善する可能性があります。 このサブセクションでは、危機リスクを悪化させる要因について説明することから始め、次のサブセクションでは、レバレッジを下げる可能性に目を向けます。

ベースラインでは、投資家が追加収入の一部を物的資本に投資するという事実によって、労働者は交渉力の喪失を部分的に補償されます。これは、時間の経過とともに実質賃金の引き上げに役立ちます。 図11は、投資家にとっての限界利益が減少し、より高い交渉力から得られる利益の多くが消費されるか、ローンに投資される代替の調整を検討しています。

具体的には、.k = -33ではなく.k = -30に設定することで、資本蓄積は最初の30年間でXNUMX分のXNUMXに減少し、それに応じて生産量の伸びも減少します。10 その結果、投資家は投資する代わりに消費するため、投資家の消費シェアがさらに2パーセントポイント増加します。 もう145つは、レバレッジは危機の時点で約175%に達し、その後、完全な先見性の下で50年までに135%に成長し続け、不確実性の下ではXNUMX%近くにとどまるということです。

***********************

10 したがって、その設定がわかります .k ゼロにはるかに近いということは、所得ショックに対する資本蓄積の大規模で明らかに信じがたい反応を意味します。

***********************

編集者注:.kは、収入の変化に対する望ましい設備投資の感度を決定するモデルの定数です。 以下のテキストに続く他のパラメータについては、読者は完全な論文(セクション3、モデル、 詳細を見る.)

さらに、危機自体は現在、レバレッジと危機の可能性の減少ではなく、わずかな増加を特徴としています。 長期的な危機の確率(完全な先見性の下で8年までにほぼ50%、不確実性の下で3%)は、ベースラインよりもはるかに高くなっています。 したがって、投資家による追加収入の使用は、労働者の交渉力の低下の持続可能性の重要な決定要因です。 資金の大部分が生産的に投資されている場合、それはより高い収入によって支えられているので、より高い債務はより持続可能です。 代わりに、資金の大部分が投資家の消費、またはローンの成長、言い換えれば経済の「金融化」の増加に使われると、システムはますます不安定になり、危機に陥りやすくなります。

楽観的すぎるかもしれないベースラインキャリブレーションの第10の側面は、交渉力が0.96年低下した最初の期間の後、労働者の交渉力が回復する速度です。 ρ= 50の場合、交渉力の喪失の27%はXNUMX年目までに逆転します。

これは、1929年以前と2007年以前の期間の明らかな特徴ではありませんでした。 したがって、図12は、交渉力の半減期が0.99年ではなく80年に等しい、永久に近いρ= 27の代替シナリオを検討しています。

この場合、交渉力の初期損失はより小さく、ηはベースラインの0.95ではなく、10年目までに0.925に低下すると想定されます。 ηの初期低下が小さいことを考えると、30年目までのレバレッジと危機確率の増加はもちろん小さくなります。 しかし、私たちの目的にとってより興味深いのは、その後、不確実性の下を含め、レバレッジがさらに増加し​​続け、危機の確率が上昇し続けるという事実です。 実際、このシナリオでは、危機の確率は、不確実性の下で最初の危機から50年後、完全な先見性の下でさらに30年後までピークに達しないことを示すことができます。 これは重要な懸念事項を示しています。 非常に長期的に見ても、労働者が潜在的な収益を回復する見込みがほとんどない場合、高いレバレッジと高い危機リスクは、経済のほぼ永続的な特徴になります。

より高い危機リスクを引き起こす可能性のあるベースラインのXNUMX番目の変更は、より高い自給自足レベルの消費です。 ほとんどの世帯にとって、悲惨な出来事であると彼らが認識するものに到達するのに、おそらく消費レベルの半分よりはるかに少ない時間がかかります。 現代経済の多くの世帯は、比較的貧しいだけでなく、実際には給料から給料まで生きており、わずかな収入の減少に直面した場合でも、彼らの業務を根本的に再編成する必要があります。11

***********************

11米国最大の求人サイト(CareerBuilder(2010))による最近の調査では、回答者の77%が、61年の2009%から、給料から給料まで生活していると報告しています。

***********************

したがって、図13のシナリオでは、生存レベルを初期の定常状態消費の80%に引き上げますが、実現された消費レベルに応じて、その生存レベルを時間の経過とともに徐々に変化させることができます。

編集者注:数式の書式設定に問題があるため、段落がスキップされました。

この仕様では、家計は消費の低下を避けるために、ベースラインよりもはるかに積極的に借り入れていることがわかります。 その結果、レバレッジは危機の時点で155%に達し、170年目頃には40%近くに達し、危機の確率はピーク時に8%に達します。 しかし、この仕様の下では、労働者は、低消費の長期にわたる経験に照らして自給自足レベルが低下するため、最終的には消費を大幅に削減する用意があります。 長期的には、これはレバレッジを安定させ、爆発的な債務を回避します。

また、危機確率関数の代替キャリブレーションに対する結果の感度についても調査しました(9)。 30年目以降の危機の認識確率がベースラインの2倍であっても、定性的な結果は同じであり、定量的な結果はほとんど変化しないことがわかりました。 その理由は、10%のデフォルト率で危機確率が10パーセントポイント増加すると、実質金利に最大で約20〜XNUMXベーシスポイントが追加されるためです。 これは、私たちのシナリオで経済が経験する実質金利の全体的な変化に比べると小さいものです。

D.高レバレッジ–ソリューション

家計のレバレッジ解消について現在よく話題になっているのは、現在のモデルでは、債務削減と理想的には「秩序ある」債務削減、または労働者の収入を増やして長期的に債務を解消できるようにするというXNUMXつの形態しかとれない。 。 このサブセクションでは、これらのそれぞれについて説明します。

まず、秩序ある債務削減のオプションを検討します。 ここで念頭に置いているのは、危機と大規模なデフォルトが避けられなくなった状況ですが、実体経済における巻き添え被害を制限するために政策が使用されています。 図14は、危機時の物理的資本の破壊が1%ではなく10%にすぎず、ベースラインキャリブレーションの他のすべての側面を変更しない場合を示しています。 ベースラインとの主な違いは、この場合、実質賃金がほとんど下がらないため、債務削減は大幅な所得削減を伴わないということです。 その結果、レバレッジは、ベースラインの13.5パーセントポイントと比較して、3パーセントポイント低下します。 したがって、過度のレバレッジに対処するための広範な債務再編の際に、金融セクターから実業界への波及効果を最小限に抑えることは、その再編を成功させるために重要です。

これに関連して、最近米国で行われたような金融セクターの救済は、図14の意味での債務再編を表していないことに言及する必要があります。

ベイルアウトは、主に金融機関の債権者、つまり私たちのモデルの投資家に、貸倒損失を補償することによって利益をもたらします。 しかし、そのような救済のための資金調達は、より高い政府債務を処理するために使用されるより高い将来の一般税収から来ており、したがって、労働者に非常に大きな程度まで下がるでしょう。 財政当局を含む拡張モデルにおける労働者の債務の適切な定義には、将来の税金の現在の割引価値が含まれます。 このような世界では、債務不履行がレバレッジに及ぼす有益な影響は、将来の税金の増加による悪影響によってほとんど相殺されます。

図15は、債務再編の代替案である、元の交渉力の回復による労働者の収益の増加を示しています。

この場合、経済の進化は期間30までベースラインと同じですが、その時点で、労働者の交渉力が即座に恒久的にη= 1に戻るプログラムが実施されます。これは、危機的出来事。 最初の結果は、資本ストックがはるかに高くなったことにより、実質賃金が期間4の値を約0%上回ったことです。 レバレッジは影響(完全な先見性と不確実性の両方)で8パーセントポイント低下しますが、これは現在、再構築されたローン在庫の減少によるものではなく、所得レベルの上昇によるものです。イベントの順番は、資本と生産の崩壊を阻止すると想定されています。 ただし、図14との主な違いは、期間30の後に観察されます。この期間では、ローン再編レバレッジとデフォルト確率がさらに数十年にわたって上昇軌道を再開し、交渉力ソリューションの下では両方ともすぐに減少経路に進みます。 50年までに、レバレッジは、ローン再構築ソリューションよりも交渉力ソリューションの方が約20パーセントポイント低くなります。 したがって、長期的な持続可能性のために、労働者に長期にわたって義務を返済する手段を与える恒久的な流れの調整は、在庫調整が非常に大きくない限り、在庫調整よりもはるかに成功します。

したがって、所得の不平等を減らすことに成功すれば、将来の危機の可能性を減らすために非常に役立つ可能性があります。 しかし明らかに、候補となる政策は多くの困難にさらされているため、これを達成するのは容易ではありません。 たとえば、賃金の下落圧力は、中国との競争などの強力な国際的勢力によって推進されていますが、労働税から資本所得税への切り替えは、他の法域への投資を促進する可能性があります。 しかし、労働所得税から土地、天然資源、金融セクターの家賃を含む経済家賃への切り替えは、同じ問題の対象ではありません。 そして、労働者への交渉力の強化に関する限り、現在の傾向が続く場合、そうすることの難しさは、さらに深刻な財政的および実際の危機の潜在的に悲惨な結果と比較検討されなければなりません。

E.さらなる議論

私たちのモデルは意図的に単純に保たれています。まず、所得の不平等の拡大からレバレッジの増加、危機の可能性の増加までの主要な伝達チャネルを明確に特定するためです。次に、計算上の理由から、ショックや内因性の状態変数の数が増えるとすぐになります。モノトーンマップ法を非実用的にします。 それでも、モデルへのさまざまな追加によって予測の詳細がどのように改善されるかについてコメントすることにより、このセクションを閉じることは有用です。

対外純資産を追加の状態変数として、対外貯蓄の選好を追加のショックとして、開放経済の側面を追加することにより、モデルは、米国が関心のある期間の大部分にわたって消費ブームを経験したという事実をよりよく再現できるようになります。 、その多くは外国の貯蓄の利用可能性によって促進されました。

収縮技術と投資需要ショックの追加は、2007年以降に米国で観察された危機後の投資の大幅かつ持続的な削減を生み出すでしょう。

最後に、労働者の労働供給にショックを加えることは、ライヒ(2010)によって提起された重要な問題に対処するのに役立つだろう。つまり、女性の労働力参加率が高く、労働時間が長い。

これにより、彼らは失われた収入の一部を置き換えることができ、したがって追加の借入額を制限することができました。

結論

この論文は、高所得世帯が享受する所得優位性の増加、低中所得世帯の債務レバレッジの増加、および金融危機に対する脆弱性の間の関係を探る様式化された事実と理論的枠組みを提示した。

この結びつきは、大恐慌と最近の危機の両方の前に顕著でした。 私たちのモデルでは、それは高所得世帯の交渉力の増加の結果として生じます。

金融セクターの規模の急速な拡大に反映されている重要なメカニズムは、高所得世帯が得た追加所得の一部をローンによって残りの人口にリサイクルし、それによって後者が消費を維持できるようにすることです。レベル、少なくともしばらくの間。 しかし、妥当な期間にわたって貧困層と中所得層の所得が回復する見込みがなければ、必然的な結果としてローンが増え続けるため、レバレッジと大きな危機の可能性が高まり、現実の世界では通常、実体経済にも深刻な影響を及ぼします。 さらに重要なことは、危機におけるローンのデフォルトが歴史的な基準で非常に大きく、それに伴う実際の縮小が非常に小さい場合を除いて、レバレッジへの影響、したがってさらなる危機の可能性への影響は非常に限られていることです。

対照的に、貧困層と中所得層の交渉力の回復は非常に効果的であり、さらなる危機の可能性を減らすはずのレバレッジの持続的な低下の見通しにつながる可能性があります。

私たちが提示したフレームワークは、クローズドエコノミー設定を使用しています。 将来の作業では、これを開放経済に拡大することを目指しています。 この論文で提示されたのと同じメカニズム、すなわち高所得世帯に有利な交渉力ショックにさらされている国内の高所得世帯による貸付の増加は、国内の貧しい中所得世帯だけにとどまらないことは明らかである。外国の家庭にも。

もちろん、この外国の資本収支黒字に相当するのは、経常収支赤字の増加です。 言い換えれば、これは、黒字国の所得格差の拡大によって引き起こされた世界的な経常収支の不均衡を説明する潜在的なメカニズムを提供します。

リファレンス

[1] Armstrong、J.、Black、R.、Laxton、D。およびRose、D。(1998)、「将来を見据えたモデルをシミュレートするためのロバストな方法」、Journal of Economic Dynamics and Control、22、489-501 。

[2] Barro、R。、(2006)、「121世紀のまれな災害と資産市場」、Quarterly Journal of Economics、3(823)、866-XNUMX。

[3] Blanchard、O。and Giavazzi、F。(2003)、“ Macroeconomic Effects of Regulation and Deregulation in Goods and Labor Markets”、Quarterly Journal of Economics、118(3)、879-907。

[4] Borjas、G。およびRamey、V。(1995)、「外国の競争、市場支配力および賃金の不平等」、Quarterly Journal of Economics、110(4)、1075-1110。

[5] Bradbury、K。and Katz、J。(2002)、「生涯所得はますます不平等になっているのか? 家族の所得流動性に関する新しい証拠を見る」、Regional Review、12(4)。

[6] Card、D.、Lemieux、T。and Riddell、D。(2004)、“ Unions and Wage Inequality”、Journal of Labor Market Research、25(4)、520-562。

[7] CareerBuilder(2010)、「XNUMX人にXNUMX人の労働者は、給料から給料までの生活を示しているため、収入を得るのに問題があります」、次のURLで入手できます。 http://www.careerbuilder.com .

[8]キャロル、CD(2000)、「なぜ金持ちはそんなに節約するのか?」、ジョエル・B・スレムロッド編、アトラスは肩をすくめるのか? 金持ちに課税することの経済的影響、ケンブリッジ、マサチューセッツ州:ハーバード大学出版局。

[9] Coleman、J。(1991)、「所得税を伴う生産経済における均衡」、Econometrica、59、1091-1104。

[10] Davig、T。(2004)、「Regime-Switching Debt and Taxation」、Journal of Monetary Economics、51、837-859。

[11] Davig、T。およびLeeper、E。(2006)、「変動するマクロ政策と財政理論」、NBER Macroeconomics Annual、21、247-298。

[12] Davig、T。and Leeper、E。(2007)、“ Generalizing the Taylor Principle”、American Economic Review、97(3)、607-635。

[13] Davig、T.、Leeper、E。andWalker、T。(2010)、「Unfunded Liabilities and Uncertain Fiscal Financing」、Journal of Monetary Economics(近日公開)。

[14] Diamond、D。and Dybvig、P。(1983)、“ Bank Runs、Deposit Insurance、and Liquidity”、Journal of Political Economic、91(3)、401-419。

[15] Dynan、K.、Skinner、J。およびZeldes、S。(2004)、「Do the Rich Save More?」、Journal of Political Economic、112(2)、397-444。

[16] Heathcote、J。、Perri、F。and Violante、GL(2010)、“ Unequal We Stand:An Empirical Analysis of Economic Inequality in the United States:1967-2006”、Review of Economic Dynamics、13(1) 、15-51。

[17]国際通貨基金(2009)、「危機と回復」、世界経済見通しの第3章、2009年XNUMX月。

[18] Juillard、M.、Laxton、D.、Pioro、H。およびMcAdam、P。(1998)、「アルゴリズムの競争:一次技術とニュートンベースの技術」、Journal of Economic Dynamics and Control、22 (8-9)、1291-1318。

[19] Iacoviello、M。(2005)、「住宅価格、借入制約、およびビジネスサイクルにおける金融政策」、American Economic Review、95(3)、739-764。

[20] Iacoviello、M。(2008)、「Household Debt and Income Inequality、1963-2003」、Journal of Money、Credit and Banking、40(5)、929-965。

[21] Keys、BJ、Mukherjee、T.、Seru、A。and Vig、V。(2010)、「証券化は緩いスクリーニングにつながりましたか? サブプライムローンからの証拠」、Quarterly Journal of Economics、125(1)、307-62。

[22] Kopczuk、W。(2007)、「遺贈と税務計画:相続税申告書からの証拠」、Quarterly Journal of Economics、122(4)、1801-1854。

[23] Kopczuk、W.、Saez、E。およびSong、J。(2010)、「米国における収益の不平等とモビリティ:1937年以降の社会保障データからの証拠」、Quarterly Journal of Economics、125(1)、 91-128。

[24] Krueger、D。and Perri、F。(2006)、「所得の不平等は消費の不平等につながるのか? 証拠と理論」、経済研究のレビュー、73(1)、163-193。

[25] Lemieux、T。(2006)、「高等教育と賃金の不平等の拡大」、American Economic Review、96(2)、195-199。

[26] Lemieux、T.、MacLeod、B。and Parent、D。(2009)、“ Performance Pay and Wage Inequality”、Quarterly Journal of Economics、124(1)、1-49。

[27] Obstfeld、M。およびRogoff、K。(2009)、「世界的な不均衡と金融危機:一般的な原因の産物」、ワーキングペーパー、カリフォルニア大学バークレー校およびハーバード大学。

[28] Piketty、T。and Saez、E。(2003)、“ Income Inequality in the United States、1913-1998”、Quarterly Journal of Economics、118、1-39。

[29] Philippon、T。(2008)、「1860年から2007年までの米国金融業界の進化」、ワーキングペーパー、ニューヨーク大学。

[30] Piketty、T。(2010)、「遺伝の長期的進化について:フランス1820-2050」、ワーキングペーパー、パリ経済学校。

[31] Rajan、R。(2010)、Fault Lines:How Hidden Fractures Still Threating the World Economic、Princeton:Princeton UniversityPress。

[32]Rancière、R.、Tornell、A。およびWestermann、F。(2008)、「Systemic Crises and Growth」、Quarterly Journal of Economics、123(1)、359-406。

[33] Reich、R。(2010)、Aftershock:The Next Economic and America's Future、New York:RandomHouse。

[34] Reiter、M。(2004)、「金持ちはあまりにも多くを節約しますか? 富の分配のトップテールを説明する方法」、ワーキングペーパー、ポンペウファブラ大学。

[35]ロバーツ、PC(2010)、経済が失われた方法、AKプレス。

[36] Schneider、M。and Tornell、A。(2004)、「バランスシート効果、ベイルアウト保証および金融危機」、経済研究のレビュー、71、883-913。

[37]テイラー、JB(2009)、軌道から外れる:政府の行動と介入がどのように金融危機を引き起こし、長引かせ、悪化させたか、フーバー研究所プレス。

関連記事

クムホフとランシエールはほとんど正しいが、XNUMXつのことを単純化しすぎている DerrylHermantutz著

中国の不良債権の実質コスト マイケル・ペティス

悪魔の掘り出し物 ウィリアム・H・グロス

新しい封建制 デリル・ヘルマヌッツ

「不平等、活用、危機」に対する2件の回答

  1. このサイトには、あらゆる種類の人々が読むことができる非常に良い投稿があります。 私は非常に良いコメントセクションがあるサイトが好きです…すべての人々に彼らのコメントで参加する機会を与えます。 このサイトに参加させてくれた管理者に感謝します。 私はすでに後者のためにそれをブックマークしました。
     
    鉄道模型がお好きなら、このサイトをチェックしてください!
    http://www.modelrailroadhobby.net

コメントは締め切りました。