2011年XNUMX月個人消費支出データが良くない

スティーブン・ハンセン

金融政策の問題は、インフレ問題を整理するのが難しいということです。 の個人所得および個人所得支出(PCE) 2011年六月 GDPの大部分を占めるため、重要な金銭的指標です。

アメリカでは、消費者は経済です。

先週の金曜日の2年第2011四半期のGDPから、消費者は四半期ごとにGDPで拡大していなかったことがわかります。 PCEとして表される実際の支出(インフレ調整済み​​)に関しては、消費者は第XNUMX四半期全体を削減していたようです。 

言い換えれば、消費者はより少ないものを購入していました。 プレスリリースの要約表:

表では、2011年2.8.6月に調整されたインフレの消費支出が強調表示されています。これは、Econintersectグラフと矛盾しているためです。 グラフはBEA表XNUMXから作成されました。 製品の主要なタイプ、月次、連鎖ドル別の実際の個人消費支出。 論理的には、プレスリリースで公開された表は誤りのようです。

経済分析局によると、18.7月の個人所得は0.1億ドル(16.3%)増加し、可処分所得(DPI)は0.1億ドル(21.9%)増加しました。 個人消費支出(PCE)は、0.2億ドル、つまり23.2%減少しました。 修正された見積もりに基づくと、0.2月の個人所得は17.6億ドル(0.2%)増加し、DPIは5.9億ドル(0.1%)増加し、PCEはXNUMX億ドル(XNUMX%)増加しました。

0.3月の0.1%未満の減少とは対照的に、0.1月の実質可処分所得は0.1%増加しました。 実際のPCEは、XNUMX%の減少と比較して、XNUMX%未満しか減少しませんでした。

私たちの見解では、このデータは景気後退の警告ではありません。 データは、不況に関連することなく、最近の歴史の中で数回この否定的でした。

実際、PCEは最近の景気後退を予告していません。 過去20年間で、このレベルのPCEは10回に達しました。 発生のXNUMXつが来ました 不況の間 不況ではない期間にXNUMXつ。 不況に先立つXNUMXか月の期間内に発生した出来事はありませんでした。

PCEは不況ウォッチャーの気を散らすもののようであり、30%の精度で不況がすでに始まっていることを示し、70%の発生率で非不況イベントを示しています。

注:統計家なら誰でも、このサンプル(10)は小さすぎて、30%と70%の過去の観測値に有意な信頼区間を適用できないと言うでしょう。

関連記事

大不況はさらに大きくなった リック・デイビス

2年第2011四半期の先行GDP:1.3%の経済成長は成長ではない スティーブン・ハンセンとダグ・ショート

CMI:加重複合指数が過去最高を記録 リック・デイビス

第XNUMX四半期の最終GDP:弱い リック・デイビス

消費者にとって大きな不況が続く リック・デイビス

私たちは大不況2.0に向かっていますか? キャロライン・コーベットとランス・ロバーツ

CFNAI:2011年XNUMX月に経済状況が悪化していることを確認 スティーブン・ハンセン

Econintersectの経済予測

「2011年XNUMX月の個人消費支出データが良くない」に対するXNUMXつの回答

  1. 今では誰もが経済的な結核を患っています。 スピンマイスターによると、消費量が少ない方が良いとのことです。

コメントは締め切りました。